お天気,暦,競馬などに関するメモです。以前発行していたメルマガ「能天気Express」のブログ版みたいなものです。

2006/101234567891011121314151617181920212223242526272829302006/12

お知らせ
2008年6月2日以前の記事は他のブログからインポートしたため,画像へのリンクが切れています。画像の元データはどこかにあるはずですが,どれがどの画像だったのかわからなくなっているし,新たにサイズなどを変換するのが面倒なため,問い合わせをいただいても画像を復活させることはしません。まあ,大して貴重な画像があるわけではないですから(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1990年は一昨年2004年ほどではないにしても台風が6個上陸した台風の厄年で,19号,20号,21号が3レンチャンで和歌山県に上陸――などという珍しい記録も生まれました。

その台風漬けの年にとどめを刺したのが28号でした。上陸したのがなんと師走も迫ろうという今日11月30日,もちろん戦後もっとも遅い上陸台風です。ただし,1894年に台風ではなさそうだけれどもいちおうは台風(颱風)のようなものが上陸したという記録があるので,観測史上もっとも遅いとはいえません。

この台風は21日09時にグアム島の南海上で発生した“ただの熱帯低気圧”が発達して22日15時に台風となったもので,フィリピンの東海上から沖縄の南東海上を通り,30日の14時ごろ,当時の分類で“大型で並の強さ”を保ったまま和歌山県白浜町の南に上陸しました。この年6個目の台風上陸,和歌山県への上陸はこの年4個目です。18時には温帯低気圧に変わって日本海に抜けました。

室戸岬で最大風速31.6m/sを観測していますが,風よりも雨による被害が大きく,浸水家屋が1414棟にのぼりました。

明けて翌12月1日は関東地方を中心に亜熱帯のような陽気になり,東京では最低気温17.0℃,最高気温23.5℃と,ともに12月の記録を更新しました。

スポンサーサイト

天正十三年十一月二十九日(1585年),畿内・東海・東山・北陸諸道で大地震が発生しました。 天正地震です。震源域は白川断層で,マグニチュードは7.8とされてきましたが, 複数の断層が同時に動いたもっと規模の大きい地震だったという説もあります。

大河ドラマ「功名が辻」で与禰姫が圧死したのがこの地震です。σ(^^;)は予告編しか見ていませんが。 他に大河ドラマ関係では,越中国の木舟城が倒壊し,城主前田秀継夫妻など多数が死亡しました。前田秀継は前田利家の弟です。ただし, 「利家とまつ」でこのシーンがあったかどうかは知りません。見ていなかったので。

さて,当時,現在の岐阜県北部,白川郷のほぼ中央の帰雲《かえりぐも》とよばれる地域に,勢力を誇っていた内ヶ島氏の居城, 帰雲城《かえりぐもじょう》がありました。帰雲城はこの地震によって生じた大規模な土石流に巻き込まれ, 城下町もろとも土砂深く埋まったといわれています。

内ヶ島氏は金山を開発していたといわれ,実際かなり潤っていたそうです。このため,帰雲城とともに莫大な財宝が埋まっている…… という財宝伝説があります。

しかし,いまだ財宝発掘に成功した人はいないようです。川口探検隊も藤岡探検隊も,訪れたという話は聞いたことがありません。 それもそのはず,帰雲城がどこにあったのか,またどこに埋まっているのか,わかっていないという話です。

そういえば,数年前,帰雲城の財宝伝説をめぐるサスペンスドラマが放送されました。何というドラマだった気にはなっているのですが, 思い出せないし,検索しても見つかりません。実はそのドラマでこの財宝伝説を知ったのでした(笑)

11月29日の他の事件――:

AD1980/11/29 川崎市の予備校生,一柳展也が両親を金属バットで撲殺=金属バット殺人事件

AD1987/11/29 大韓航空機,ビルマ沖でバンコク空港と交信後消息を断つ

AD1992/11/29 第12回ジャパンカップ,トウカイテイオーが優勝。父シンボリルドルフに続き父子2代制覇

AD2003/11/29 イラク北部のティクリート付近で午後5時ごろ(現地)バグダッドの日本大使館所有の乗用車が襲撃され, 2人の日本人外交官が殺害される

新沼謙治さんが歌った「津軽恋女」(古い歌ですが)の中に

♪津軽には七つの 雪が降るとか
こな雪 つぶ雪 わた雪 ざらめ雪
みず雪 かた雪 春待つ氷雪

という歌詞があります。

この“七つの雪”の出典が太宰治『津軽』であることはよく知られています。その『津軽』では,巻頭に「津軽の雪」としてこの“七つの雪”が並べて書いてあり(ただし順序は“こな雪,つぶ雪,わた雪,みづ雪,かた雪,ざらめ雪,こほり雪”),最後に「東奥年鑑より」とあります。

その『東奥年鑑』(1941年)を見てみると,「積雪ノ種類ノ名稱」として次のように説明されています(ほぼ原文のまま。ちなみに,国会図書館ではこの書物は破損防止のために複写禁止なので,手で書き写しました(笑))。

こなゆき 濕氣の少い輕い雪で息を吹きかけると粒子が容易に飛散する
つぶゆき 粒状の雪(霰を含む)の積つたもの
わたゆき 根雪初頭及び最盛期の表層に最も普通に見られる綿状の積雪で餘り硬くないもの
みづゆき 水分の多い雪が積つたもの又は日射暖氣の爲積雪が水分を多く含む樣になつたもの
かたゆき 積雪が種々の原因の下に硬くなつたもので根雪最盛期以降下層に普通に見られるもの
ざらめゆき 雪粒子が再結晶を繰返し粒子が肉眼で認められる程度になつたもの
こほりゆき みづゆき,ざらめゆきが氷結して硬くなり氷に近い状態になつたもの

つまり“七つの雪”は降ってくる雪ではないのです。確かに,「かたゆき」なんて,降ってきたらちょっと恐そうな名前です。

『東奥年鑑』をよく見ると,続いて「降雪ノ種類ノ名稱」として次の4つが挙げられています。

こなゆき,つぶゆき,わたゆき,みづゆき

おわかりでしょう。ほんとうは津軽には四つの雪しか降らないのです(笑)

2005年11月27日,結成して2~3か月(ひょっとして1~2か月かも)しかたっていないはずのシムソンズが第18回北海道女子カーリング選手権大会で準優勝しました。

決勝は3連覇を狙う北見エンジェルス相手に,前半は大きくリードを許したものの第6エンドで3点をゲット,続く第7エンドでも2点スチール(のはずだけど,なぜかこのエンドも後攻だったような気が……)して同点に追いつき,第8エンドは相手に1点を取らせ第9エンドをブランクにして最終エンドでラストストーンをキープするという前日はじめて1点を取ったチームとは思えない高等戦術を見せ,最後の一投に逆転をかけましたが,レイズヒットがわずかに外れ,6-8で惜しくも敗れました。

とはいっても,映画「シムソンズ」の中での話です。実際のシムソンズは2002年12月に解散しています。シムソンズのメンバーだった小野寺さんと林さんがチーム青森を率いて今年のトリノ五輪に出場し旋風を巻き起こしたことは記憶に新しいところです。

そのほかの今日のおもな事件――:

AD1978/11/27 自民党総裁候補予備選挙で,大平正芳が福田赳夫を上回り第1位になる。福田「天の声にも変な声がある」と本選挙立候補辞退

AD1983/11/27 第3回ジャパンカップ,アイルランドのスタネーラが直線で抜け出して優勝。キョウエイプロミスが右前脚けいじん帯断裂の重傷を追いながらも勝ち馬にアタマ差まで詰め寄って2着確保

AD1988/11/27 横綱千代の富士,千秋楽で大乃国に破れる。連勝記録は53でストップ

AD1994/11/27 愛知県西尾市の東部中2年の大河内清輝(13)が,同級生11人の現金の要求や暴行,いじめにより自殺。その後,学校側が自殺を「突然死」と教育委員会に説明,また生徒に口封じをするなど,「事件隠し」も発覚

11月25日の歴史をひもとくと,ハラキリをやった時代錯誤のはなはだしい人もいたようですが,こんなモンには興味はなく, 何といっても1984年の第4回ジャパンカップです。日本の競馬会に衝撃を与えた第1回JCから3日後……いえいえ3年(+3日)後です。

σ(^^;)はカツラギエースの単勝を5000円ほど買っていました(笑) あとシンボリルドルフの単勝もいくらか(1000円程度) 買っていたと思います。今も昔もこんなに馬券を買うことはきわめてまれです。

大逃げをうったカツラギエースに4コーナーを回って後続が一気に迫ったとき,もうダメだと思いました。しかし, 大逃げの割に前半の1000mは61.6秒で見かけほど速くなく,勝負処で息をつくことができたので,西浦騎手が追い出すと, カツラギエースは二の脚を使って先頭でゴールしました。スタッフが練りに練った作戦だったらしいです。

σ(^^;)の頭の中がまっ白になったことはいうまでもありません(笑)(5000×4080÷100=□円)

ちなみに,11月25日には第1回ジャパンカップダートも行なわれています(2000年)。

1992年11月23日,風のおだやかな琵琶湖畔から,風船おじさんが改造したひのき風呂にヘリウム風船をつけた「ファンタジー号」に乗り,米国ネバダ州のサンドマウンテンを目指して飛び立っていきました。

この飛行計画,鳴き砂の保護を訴えるという目的はともかく,やっていることがメチャクチャで,食料は1週間分だけしか積んでおらず,通信手段はなんと携帯電話! 電源もさることながら(当時の携帯電話は電池の保ちがものすごく悪かった),基地局がないところでどうやって通話するんでしょう。一説にはコードレスホンの子機だったという話もあり,いずれにしてもあまりにもズサンです。

風船おじさんは25日,宮城県の金華山沖で海上保安庁の飛行機に目撃されたのを最後に消息不明になりました。おそらく太平洋に墜落するべくして墜落し,海の藻屑と消えたのでしょう。いくらなんでもこんななんの役にも立ちそうもないオッサンを北の将軍さまが拉致するとも思えないし(笑)

元禄十六年十一月二十三日(グレゴリオ暦で1703年12月31日),相模トラフを震源域とする非常に強い地震が発生しました。「元禄地震」とよばれています。

1923年の「大正関東地震」と似ていることから,ひとつ前の関東地震といわれていますが,規模は元禄地震のほうが大きかったようで,マグニチュードは7.9~8.2と推定されています。

震度は神奈川県の湘南地方と房総半島南部で6強から7,東京都心で5強と推定されています。ヒューザーやアパグループの耐震偽造マンションなどひとたまりもないでしょう。ビンボー人が無理してマンションなんかを買ってはいけないといういい教訓です(<そうなのか?(笑))。

房総半島や相模湾の沿岸部を中心に大津波が襲い,とくに房総半島では死者6500人以上といわれています。この津波で,1498年の「明応東海地震」の津波で流されて別の場所に再建された日蓮の誕生寺が,再び海に沈みました。

現在,(旧)天津小湊町にある誕生寺は3代目という話です。「日蓮の生まれ給いしこの御堂」は海の中です(http://www.notenki.net/location/uchida.html#id0005。また内田康夫『日蓮伝説殺人事件』参照)。

1981年11月22日,冬型の気圧配置になって木枯らしの吹く東京競馬場で,第1回ジャパンカップが行なわれました。

外国からは7頭が参戦しましたがとても一流とはいえないメンバー。しかもヨーロッパからの参加はなし。迎え撃つ日本馬は,当時のトップホースだったホウヨウボーイ,モンテプリンスを含め8頭が出走しました。

勝ったのはアメリカのメアジードーツで,それまでの日本レコードを0.5秒更新する2.25.3のタイム。日本馬は「日の丸特攻隊」サクラシンゲキが前半の1000mを57.8秒という気違いラップでブッ飛ばしたのが目立っただけで,最高着順は公営出身のゴールドスペンサーの5着という惨敗でした。サクラシンゲキの小島太がレースをブチ壊したともいえるでしょう。

海外の二流馬に席巻されて,日本の競馬関係者はかなり衝撃を受けたらしいです。σ(^^;)はただの傍観者ですから,しょせんこんなものと思っただけです。当時,海外の競馬なんてほとんど知らなかったですが。

第1回ジャパンカップの話題を独占?したのは「インドのシンザン」オウンオピニオン。ゾウと併せ馬をやったなどというウワサもありましたが,ホントのところはどうだったのでしょうか。

トルコからもデルシムという馬が招待されて来日したのですが,調教中に故障して,レースに参加することなく帰って行きました。

ショックのあまり20年は勝てないのではないかとか思われた日本馬ですが,実際には3年後に(ただし,日記上では3日後に(爆)),意外な形で勝つことになります。

建安十三年十一月二十日,曹操率いる魏の主催者側発表80万の大軍と周瑜率いる数万の呉の軍勢が長江の赤壁(現在の湖北省) でぶつかりました。赤壁の戦いです。

赤壁の戦いといえば東南の風です。 周瑜はこの東南の風のおかげで曹操の大船団を焼き討ちにすることができたとされています。十一月二十日はもちろん太陰太陽暦での日付で, ユリウス暦では208年12月15日となり(グレゴリオ暦でも同じ),季節は冬。データがないので確認はできませんが, 天気図類から推察すると,この時期は赤壁付近でも西~北の風が卓越し,“東南の風”はほとんど吹かないようです。

『三國志演義』では,諸葛孔明が七星壇を築いて祈祷を行ない,3日3晩“東南の風”を吹かせたことになっています。 三国志ファンにはおなじみの場面です。

一方,正史の『三国志』では,この“東南の風”がどういう状況で吹いたのか記述がありません。しかも,強風が吹いたという記述はありますが, 向きまでは書いてありません(かなり前に中華書局発行の標点本で見たため,見落としの可能性もあります)。いずれにしても, この風を利用して猛将の黄蓋が投降と称して魏の大船団に接近し,決死の活躍で火をかけることになっています。ただ, 周瑜ほどの知将ならばある程度観天望気はできたはずで(少なくともブレインはいたはず), 風が変わりそうだという読みがあってこの計を使ったのだと考えるのが妥当でしょう。

『演義』では,赤壁の戦いは前半のクライマックスだけあって,孔明の祈祷以外にも話を盛り上げるいろいろな脚色がなされてます。例えば, 黄蓋は“投降”する前に周瑜と示し合わせて「苦肉の計」という芝居を打ったことになっています。また, 曹操は大決戦を前にして戦勝の前祝いの宴会を開き,槊を横たえて「短歌行」を賦すことになっています。 曹操ファンのσ(^^;)の好きなシーンだったりするのですが。

對酒當歌
人生幾何
譬如朝露
・・・・・・

酒に対して当に歌うべし
人生 幾何ぞ
譬えば 朝露の如し
・・・・・・・


この詩の中の「月明らかに星稀に (烏鵲南に飛ぶ)」のフレーズは高校の漢文の教科書に載っていました。

しかし,実はこの詩は制作年が不明だったりします。さらに,不吉だと「短歌行」にケチをつけて突き殺される劉馥という人物は, このころ孫権の10万の大軍から合肥の城を死守していました。ただし,このときはすでに病死していたようです。

11月20日,福島県石川町の猫啼温泉の薮の中で男の毒殺死体が発見されました。(内田康夫『十三の墓標』)

1998年11月18日の未明,全国的にしし座流星群フィーバー(フィーバー=死語?(笑))がわき起こりました。

冬型の気圧配置になって太平洋側では比較的観測条件がよかったのですが,期待されていたほどの大出現にはなりませんでした。

当時の新聞などによると,

東京湾アクアライン海ほたるパーキングエリアには,17日午後11時すぎから若い男女や親子連れが集まり始めた。約300人がライトの消された5階展望デッキの北側で,毛布にくるまったり,床に寝っころがったりして空を見つめていた。18日午前零時ごろから「あっ見えた,見えた」「明るかった」などと星が流れるたびに何度も歓声が上がった。

都内の女子高校生(15)は,同じクラスの友人3人と午後7時半から星が流れるのを待った。4人は「海が広がるところで星を見たかった。朝までいてたくさん願い事をします。そのま学校に行くつもりです」と話していた。 [1998/11/18(Wed) asahi.com]

↑未成年が深夜ほっつき歩いていいのか(笑)

中には,「しし座流星群のおかげで娘と数年ぶりで話ができた」と喜んでいた情けない中年オヤジもいたそうです。

一方で,観察中に橋から転落して自分も星になってしまった人もいました。

大出現となったのはしし座流星群も忘れられかけた(?!)2001年のことです。

川口探検隊長の川口浩さんが50歳の若さでこの世を去ったのは1987年の今日でした。一説には霊界の探検に出かけたのではないかといわれていましたが。ちなみに,この前他界したT.T.氏は今ごろ,霊界など存在しないことにア然としているに違いありません(笑)

3年前に藤岡探検隊が結成され,長い間ほとんど忘れられていた川口探検隊も再評価?!され,DVDまで出ています。

テレビ朝日の公式サイトによると,全部で45回探検しているようです。

σ(^^;)的には,探検隊シリーズといえば,なんといっても田中信夫さんのナレーションです。かつてNHKが放送したドキュメンタリー番組「奥ヒマラヤ禁断の王国・ムスタン」でヤラセが発覚したことがありますが,もしナレーターにこの人を起用していればそんな問題も起こらなかったのでは……(笑) さらにタイトルを「ヒマラヤの奥に禁断の王国は実在した!!」とかにすれば完ペキだったかも。川口隊長が当時すでに故人だったことが惜しまれます。

ちなみに,川口浩さんは川口探検隊がはじまる数年前に,フジテレビ系の競馬中継に夫婦でほぼレギュラーのように出演していたことがあります。

今日は七五三。とはいってもσ(^^;)には何の関係もない日ですが。

さて,1932年の七五三の未明,“帝都”が台風の爆撃に遭いました。七五三の日に襲ってきたので「七五三台風」とよばれます。

「気象要覧」によると発生直後のようすは次のとおりです。

此の颱風は七日正午ヤップ島南方百粁の海上に現れ(更に南方より進行し來たれる形跡あり)西北西に進行しつゝ漸次勢力を増し,十日午後フィリッピン,レガスピ付近に逹したる時はすでに七百四十粍内外となり,進路を北西より北に轉じ,十二日朝ルソン島北端を離れ進路を北東に向けた。此の頃より次第に勢力を増し,七三五粍位のものとなり十三日冲繩の南東海上を通過するに當たり同島は暴風雨と化した。


14日にはさらに発達しながら日本の南海上を北東に進み,夕方には静岡県が,夜には関東南部が暴風域にはいり,横浜36.3m/s,館山35.2m/s,銚子31.5m/sなどの最大風速が観測されました。勝浦では“風力台”が吹き飛びました。東京でも最大風速21.2m/sが観測されています。降水量も相当なもので,館山で230mm,東京で210mm,横浜で164mmの雨が降りました。まさに「到るところ倒壞浸水相次ぎ 風吼え狂ふ物淒き一夜」(東京日日新聞)でした。

おもな災害を新聞から拾ってみると,横浜の中村町の崖崩れで120人が生き埋め,東京市では蒲田と江東を中心に42000戸が浸水,同じく東京市で新築中の小学校7校が全半壊,静岡県吉原村では暴風雨の最中に火災が発生し250戸が全焼,茨城県太田町でも150戸が全焼……。17日付のなぜか北海タイムスには,静岡県の大宮町は火災と烈風のためににほとんど全滅のもよう,などという記事もあります。

台風はそのまま北東進を続け,15日00時20分には勝浦が,02時40分には銚子が眼にはいりました。勝浦と銚子ではこのとき観測された952.8hPa,952.0hPaがそれぞれの観測史上の最低気圧になっています。

このあと台風は日本列島から離れていきましたが,台風の進路に近い福島県沖が大しけとなり,40隻の漁船が遭難しました。

「理科年表」によると,全体の被害は死者146,不明111,負傷345,住家13672,浸水65081,船舶2230にのぼり,11月としては未曾有の大災害となりました。

なお,台風とは全然関係ありませんが,16日付の東京日日新聞に“トンデモ女教師”の摘発というものすご~く興味深い記事が載っています。いずれヒマを見て紹介します。

11月14日,あの浅見光彦が軽井沢のセンセの誕生パーティーに向かう途中,なんと高崎でネズミ取りにひっかかりました。(内田康夫『竹人形殺人事件』)

グループサウンズ「オックス」の有名な日比谷公会堂での“失神”公演は,1968年の今日のことだったようです。σ(^^;)は歴史上の事件としてしか知りませんが。

観客30人が次々に失神,そのうち15人が入院したそうです。

実は観客の失神はオックスの公演ではとくに珍しくはなく(そもそもメンバーの2人が率先して?!失神したらしい),“失神禁止曲”なるものもあったそうですが,このときの失神は,およそ失神しそうもないような演歌の,しかもイントロで起こったそうです。

この日,日本海の低気圧に南風が吹き込んで,東京の最高気温は20.3℃でした。当時の公会堂はこの時期におそらく冷房なんてないでしょうから,場内はかなりむし暑かったと思われます。まあ,直接関係があるかどうか知りませんが。

現在,観客が失神するようなコンサートってあるんでしょうか? 将棋倒しっていうのはたまに発生するようですが。

1983年11月8日,岡山・高梁市の高梁川を漂う川舟から若い男の死体が発見されました。(内田康夫『倉敷殺人事件』)

10月30日から行方不明になっていた女性が6日,旗振山と鉄拐山の間の林の中から遺体で発見されました。(内田康夫『「須磨明石」殺人事件』)

11月5日の22:45に東京を発った寝台急行「銀河」のA寝台で翌日,女性の他殺死体が発見されました。(西村京太郎『寝台急行「銀河」殺人事件』)

1956年11月4日の東京六大学野球早慶第2回戦,この日予定されていた日本テレビ(NTV)の実況中継は連盟の拒否によって中止になりました。

  四日の早慶第二回戦のNTVの実況中継は連盟側の拒否で中止となった。これは第一戦の三日同テレビの人気番組「何でもやりましょう」に出演した若い男が早稲田側スタンドでいきなり慶応の三色旗を打ち振り早大応援団員に制止される事件があったからで,連盟側では四日朝,緊急理事会を開き「早慶戦を冒とくする行為」と認め,NTVの第二戦実況中継を拒否したもの。(毎日 1956年11月4日夕刊)

ちなみにこの試合は,NHKとKRテレビ(今のTBS)も中継を予定していました。当時,東京六大学野球のとくに早慶戦は人気のイベントでした。

日テレのスポーツ中継といえば,盗撮アナ炭谷宗佑やセクハラアナ船越雅史が登場したり,シドニー五輪サッカーの日本-南アフリカ戦で「ゴール!」を28回連呼するなど,体質に大きな問題がありますが,こういう腐った体質は50年も昔からあったということですね。

今日は旧暦で九月十三日です。
旧暦で九月十三日の夜は十三夜とよばれ,豆や栗を供えて月を祭る習慣がありました。「豆名月」 「栗名月」ともよばれます。

早い話が収穫祭のひとつだったようです。 中秋の名月である八月十五日の月見をしてこの日の月見をしないことを片月見といって忌む風習もありました。

また,仲秋の名月や十三夜には,他人の畑の作物を無断で取ってもよいという,今から考えるとわけのわからない風習も各地にあったそうです。

中秋の名月の月見は中国伝来の行事ですが,十三夜の月祭りは日本固有の風習のようです。

5000円札のお姉さん樋口一葉の小説,その名も『十三夜』に「今宵は舊暦の十三夜, 舊弊なれどお月見の眞似事に團子をこしらへてお月樣にお備へ申せし……」とあるので,明治のはじめにはすでに“旧弊” となっていた地方があるようです。

ところで,どうして満月でなくて「十三」夜なのでしょうか。とくに陰陽五行といったような崇高(?)な理論に基づいているわけではなく, どうもよくわからないようです。八月十五日が仲秋の名月,九月十三日が十三夜, 十月十日が十日夜《とおかんや》と, 秋が深まるにしたがって昇ってくるのが時間的に早い月を対象としているので,気温が下がるから…… というのが最も説得力があるように思えます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。