FC2ブログ
お天気,暦,競馬などに関するメモです。以前発行していたメルマガ「能天気Express」のブログ版みたいなものです。
お知らせ
2008年6月2日以前の記事は他のブログからインポートしたため,画像へのリンクが切れています。画像の元データはどこかにあるはずですが,どれがどの画像だったのかわからなくなっているし,新たにサイズなどを変換するのが面倒なため,問い合わせをいただいても画像を復活させることはしません。まあ,大して貴重な画像があるわけではないですから(笑)

今日1月21日は「バカは社会の迷惑の日」(笑)

ってσ(^^;)が勝手にそうよんでいるだけで,日本記念日協会とやらに登録されている日でもなんでもありません。

きっかけは次の事件です。

2003/01/21 16:00ごろ, 市立中3年生♂が川崎市川崎区の古書店で漫画本6冊万引きして外に持ち出したところを店長に呼び止められ,店員が110番。 万引き中3生は駆けつけた川崎署員に連絡先などを話さず,任意同行を求められた際,トンズラしようとし, 遮断機の下をくぐって踏切にはいり,特急電車(快速特急かも)にはねられ死亡

この古書店の店長は当たり前のことをしただけなのに,事件のあと「人殺し!!」などと中傷するバカが現われ, その後紆余曲折はあるものの,閉店に追い込まれることになります。

この万引き中学生がDQNならその父親も輪をかけたDQNで,テレビのインタビューに次のように答えたそうです (直接見たわけではないので多少違うかもしれません)。「廃業していただければ本当にうれしい。あそこを通るのはつらいし。本屋さんの中で (あの子は)どんなつらい思いをしたか。きっと一生懸命,謝ったと思うんですよ」

名前も連絡先もいわず,「自転車で来たので,鍵を掛けさせてほしい」などとウソをほざき,隙を見てトンズラしようとするような態度が “一生懸命,謝った”態度なのか? そもそも万引きは窃盗というれっきとした犯罪であり,謝ればすむというものではないはず。 犯罪を犯したのだから“つらい”思いをするのはある意味当たり前。結果的に本当につらい思いをしたのは古書店の店長のほうでしょうし, 轢いてしまった京浜急行の運転士もつらい思いをしたに違いありません。

いずれにしても,DQN中学生が万引きしたりトンズラしようとしたりしなかったらこんな事件に発展することはなかったわけで, まったくもってバカは社会の迷惑です。「人殺し!!」などと中傷するバカも社会の迷惑です。

スポンサーサイト