お天気,暦,競馬などに関するメモです。以前発行していたメルマガ「能天気Express」のブログ版みたいなものです。

2009/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/08

お知らせ
2008年6月2日以前の記事は他のブログからインポートしたため,画像へのリンクが切れています。画像の元データはどこかにあるはずですが,どれがどの画像だったのかわからなくなっているし,新たにサイズなどを変換するのが面倒なため,問い合わせをいただいても画像を復活させることはしません。まあ,大して貴重な画像があるわけではないですから(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武球場での渡辺美里の雨のバカヤロー!!から8年たった1997年7月26日,“中型で強い”台風9号が徳島県阿南市付近に上陸しました。台風はその後,播磨灘を通って同日21時前には岡山県備前市付近に再上陸,北西に進路を変えて中国地方を縦断,27日には山陰沖に出てほとんど停滞し,28日06時に同海域で“弱い熱帯低気圧”に変わりました。

この台風の影響で中止イベントが相次ぎました。

まず,安室奈美恵の四大ドームツアーの皮切りとなるはずだった大阪ドーム公演(26日)。バカヤロー!!と叫ぶ間もなく中止(正確には28日に順延)になりました。バカヤローと叫びたかったのは,28日には来られないファンのほうだったでしょう。こういうときは怒りをどこにぶつけるんでしょうか?

また,大阪城ホールで予定されていたV6の「カミセン」,赤坂晃の大阪厚生年金会館公演,藤井フミヤの神戸公演,松雪泰子の初の全国ツアーの初日公演(神戸のライブハウス)なども中止(または順延)になりました。

どうでもいいけれど,赤坂晃ってどこかで見た名前だと思ったら,一昨年とっ捕まりましたね……。

変わったところでは,滋賀県で予定されていた第21回鳥人間コンテスト選手権大会も中止になりました。こちらは順延ではなく完全な中止でした。

一方,富士天神山スキー場のFUJI ROCK FESTIVAL '97は強い風雨の中,3万人の観衆を集めて強行スタートしました。ぬかるみに足を取られてけがをした人や,体調不良を起こした人など10人以上が救急車で病院送りとなりました。

FUJI ROCK FESTIVAL '97はこの日は続行されましたが,結局翌27日は中止になりました。その後FUJI ROCK FESTIVALは“富士”を名乗りながら富士山麓では開催されていないようです。名義詐称です(笑)

スポンサーサイト

夏の暑い時期に総選挙とは,熱中症で何人死者が出ることか……。

実は前回もメーワク選挙でした。

2005年8月8日,ブッシュの忠犬ポチがバカのひとつおぼえの郵政民営化を狂行しようとして抵抗に合い衆議院を解散,総選挙は同月30日に公示されました。

公示前の26日,台風11号が千葉市付近に上陸しました。

 台風11号の強風の影響で、関東地方や東海地方の一部で、衆院選用のポスター掲示場の被害が相次いだ。30日の公示を前に、各選挙管理委員会は対応に追われている。

 千葉県鴨川市では、掲示場190カ所のうち、13カ所が被害を受けた。掲示場は縦約1メートル、横約2.3メートルの板で、倒れたり、傾いたりした。同市は壊れた掲示場は作り直す。同県館山市でも、「掲示場が傾いている」との通報が5カ所ほどであり、業者に157カ所すべての点検を依頼したという。

 また、静岡市によると、26日午前11時現在、掲示場10カ所の被害が確認された。職員の調査や市民からの通報でわかった。

(asahi.com 2005/08/26(Fri))

そして,選挙最中には14号があいさつに来て,6日長崎県諫早市付近に上陸しました。

 台風14号は、衆院選の選挙運動も直撃している。各陣営は六日に予定していた選挙カーでの遊説を取りやめたり、個人演説会を中止するなど、行動日程の変更を強いられている。

 各陣営では五日、選挙事務所前の大型看板を撤去したり補強するなど、台風の接近に備えた。遊説途中のつじ立ちをやめたり、夜の個人演説会を中止した候補もあった。

 最接近する六日は暴風雨が予想される。2区のある陣営は選挙カーでの遊説中止を決定。「この日の遊説地域は、もう回る機会がないので影響は大きいが、割り切ってやるしかない」と陣営関係者。

 3区の陣営は、選挙カーは暴風雨で破損の恐れがあるため、政党の宣伝カーに乗り換えて予定のコースを回る計画。個人演説会は、安全を優先しキャンセルした。

 1区のある陣営は選挙カーでの遊説中止を検討している。陣営関係者は「厳しい戦いなので、ぎりぎりまで状況を見極めて決定したい」。

[2005年09月06日09:33]大分合同新聞

今回も台風がやってこないという保証はありません。麻生と台風といえば,去年次のようなバカ発言がありました。

今年はまだ台風が一度も上陸していない。気が付いておられる方もいらっしゃるかと思いますが、台風はまだ一度も本土に上陸しておりません。こんなことは過去に例がない。4年前は9回上陸、平均3回という日本において、ゼロもしくは9回は何となく異常だなと感じていらっしゃる方も多いと思いますが、これは日本一国でやれる話ではありません。明らかに何となく我々の周りに大きな変化が起きていると感じなければおかしいところなんですが、そういった問題につきまして、この環境問題というのは、日本はサミットをやった経緯などなどを考えて、世界をリードして行けるだけの技術もあるし、そういったものもし得る立場にあるんだと思って頑張っていただければと思っております。

こんな恥さらしを首相にしたのは誰なんでしょうねえ……。

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ

去年11月6日以来の記録的短時間大雨情報です。

山口県記録的短時間大雨情報 第1号
平成21年7月21日08時55分 下関地方気象台発表

 08時30分山口県で記録的短時間大雨
 山口市阿知須付近で約100ミリ

関東甲信地方のみなさまに残念なお知らせです。

梅雨の時期に関する関東甲信地方気象情報 第2号
平成21年7月14日11時00分 気象庁発表

(見出し)
 関東甲信地方は梅雨明けしたとみられます。

(本文)
 関東甲信地方は、高気圧におおわれ概ね晴れています。向こう一週間、北
部を中心に一時雨や雷雨となるところがありますが、高気圧に覆われて晴れ
る日が多い見込みです。
 このため、関東甲信地方は7月14日ごろ梅雨明けしたとみられます。
asahi.com(朝日新聞社):「子の命は」親心明暗 「脳死は人の死」成立 - 社会より一部引用:
「脳死は人の死」を前提に、15歳未満の臓器提供に道を開く臓器移植法改正A案が13日午後、参院で可決された。法制定から約12年。年齢制限の撤廃を強く求めてきた家族や支援者が胸をなで下ろす一方、脳死に近い状態が続く子どもの家族らは肩を落とし、明暗が分かれた。

ロクでもない法律が成立しましたね。

精神的にも肉体的にも限界まで疲れ果てている脳死が近い,あるいは脳死になった患者の家族に,移植コーディネーターと称する臓器売買人が「心臓よこせ!!」「肝臓よこさんかい,ワレッ!!」と,陰に陽に圧力をかけるようになるのでしょうね。

私は死後,臓器を提供するつもりはまったくありません。

テレビ神奈川もテレ玉も,ヘタクソ玉投げの中継をやっていて競馬中継をやってない。なんつうことだ。

チバテレビではやっているみたいだけど,残念ながら見られない。

それにしても20-0で5回コールドなんて試合(こんなのそもそも試合なのか?)を中継して何の意味があるんだろう? 名誉棄損で訴えられないのか?(笑)

ついでに,全然関係なくてしかもどうでもいいことですが,九州南部の梅雨明けが発表されたそうです。

梅雨の時期に関する九州南部・奄美地方気象情報 第4号

平成21年7月12日11時00分 鹿児島地方気象台発表

(見出し)
 九州南部は、梅雨明けしたとみられます。

(本文)
 九州南部は、高気圧に覆われて概ね晴れています。向こう一週間も、湿っ
た気流の影響で曇る日はありますが、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込
みです。
 このため、九州南部は7月12日ごろ梅雨明けしたとみられます。

(参考事項)
1.平年の梅雨明け 7月13日ごろ
 (平年の梅雨明けは、1971~2000年の平均です。)
2.昨年の梅雨明け 7月6日ごろ
3.梅雨入りを発表した6月9日から7月11日までの降水量の合計(速報
値)
  (かっこ内は6月9日から7月11日までの平年値)
気象官署等 降水量の合計(ミリ)  平年値(ミリ)
鹿児島   269.5      481.0
阿久根   209.0      473.1
枕崎    311.5      392.4
種子島   235.0      404.6
屋久島   387.0      628.4
宮崎    263.5      430.9
延岡    123.0      386.8
都城    225.0      489.2
油津    267.0      440.3

 (平年値は、1971~2000年の観測値に基づくものです。)

そういえば,淫行知事をトップに頂くあの県も九州南部ですね。最近やたらとエラそうな振る舞いが目立ちますが,もう過去の人でしょう。

さっきまで土曜ワイド劇場をブッつぶして放送していましたが,ハッキリいってつまらない映画でした。例によってツッコミどころも満載ですけど。
今までビデオ化やDVD化されなかった理由がわかります。こんなの誰も買わんよ(笑)

同じ題材を扱ったプロジェクトX第1作のほうがはるかに面白かったです。
もっともあれもかなり美化しすぎで,実際は官製談合とか,かなりドロドロした話の連続だったようです。

そういえば,今年は富士山レーダーが廃止されてから10年目です。富士山レーダーが防災にどの程度役に立ったかについての検証は,寡聞にして見たことがありません。キチンとなされたのでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。