お天気,暦,競馬などに関するメモです。以前発行していたメルマガ「能天気Express」のブログ版みたいなものです。
お知らせ
2008年6月2日以前の記事は他のブログからインポートしたため,画像へのリンクが切れています。画像の元データはどこかにあるはずですが,どれがどの画像だったのかわからなくなっているし,新たにサイズなどを変換するのが面倒なため,問い合わせをいただいても画像を復活させることはしません。まあ,大して貴重な画像があるわけではないですから(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風は沖縄には上陸しない | 能天気Express Hyperにも書いたように,現在の気象庁用語では台風が沖縄に上陸することはありません。

そこで,今日の台風7号についても気象庁発表では次のようになります。

平成22年 台風第7号に関する情報 第26号
平成22年8月31日17時19分 気象庁予報部発表

(見出し)
台風第7号の中心は、31日17時過ぎに、沖縄本島の北部を通過しました
。

(本文)
なし。

ところが,以前は沖縄に台風が上陸したことがあります。

例えば,1966年9月2日付朝日新聞に次のようにあります。

沖縄に上陸 台風16号

【那覇支局二日発】台風16号は二日午前一時半すぎ,沖縄本島南部に上陸,進路を西から西北西に変えつつ北上を続けている。このため,沖縄本島全体は暴風雨圏にはいり,各地とも三十メートルを越《ママ》える猛烈な風が吹いている。……

台風が沖縄に上陸しないのはあくまで今の気象庁用語での話です。一般ピープルが使う分には全然問題ありません。とくに混乱を来たすこともないでしょうし。ゲリラ豪雨とかゲリラ雷雨とかのほうがよほどわけがわかりません。

スポンサーサイト
  • 千住出水 濁流荒川堤防を乘越す 江北村の大洪水 北豊島の慘状 赤羽方面悉く浸水 王子附近刻々増水す 焚出し八千人 (1914年 東京朝日)
  • 颱風東京を通過 昨夕太平洋上に去る幸ひに大した被害なし 二百十日も先づ無事 (1918年 東京朝日)
  • 沈没した軍艦新高の生存者たゞ一名 北海で大暴風の渦中に陥り 機関部に浸水して たゞ一人の生存者は二等水兵 (1922年 東京日日)
  • 仲良し娘の心中 (1923年 東京朝日)
  • 都内に豪雨・突風襲う 世田谷で家飛ぶ ピカデリー劇場 看板落ちけが人 江東地区また浸水 中央・京浜東北が不通 落雷や土砂くずれで 南武線も不通に (1963年 朝日)
  • 濁流滔々 市内大出水 荒川増水三丈 東京に襲来せん 六郷川大増水 川崎方面危険 (1914年 東京朝日)
  • 怪星の正躰 太陽から離れて光を増した金星 地球に近づいたのではない (1922年 東京朝日)
  • 秋の台風第一陣 二百廿日ごろに日本訪問 (1950年 読売)
  • 日曜を見舞った雷雨 行楽帰り,立往生 停電で電車も一時とまる (1954年 朝日)
  • こんどは降りすぎ 五輪自転車コース,土砂くずれ (1964年 毎日)
  • 駒ヶ嶽山中の大慘事 登山の小學生暴風雨に遭ひ 校長など十名凍死,生死不明三名 (1913年 東京朝日)
  • さらば日比谷の楽長 近く退役の永井健子氏 昨夜の演奏がお名残 (1915年 東京朝日)
  • 神に奪はれたまゆみ子の死體 千葉登戸海岸で發見 (1922年 東京朝日)
  • 東京 連続降雨 22日間でピリオド (1977年 朝日)
  • 暴風雨關東を襲ふ 東海道より東北に進む 昨暁来の狂風猛雨 (1913年 東京朝日)
  • 住民二百行方不明 帶廣濁水に沈み釧路方面も大慘害 凾館本線の鐡橋破壞す (1922年 東京朝日)
  • 震災の混亂其まゝに 慘たる澁谷川沿岸 家財も何も滅茶々々に 約一里に亙る物すごい濁流 涙なくして見られぬ慘状 (1925年 東京朝日)
  • 二百十日は無事 台風8号 中国大陸へ向う (1954年 朝日)
  • 台風,列島大好き 来るわ来るわ四個 三つそろい踏みも 北海道を直撃 17号 (1989年 朝日)
  • 再度の暴風被害 暴風雨で昨朝又浸水 江東方面は約二萬戸 昨夜次第に減水 今度のは高氣壓性の雨 (1922年 読売)
  • 雷雨で引分になった 一高三高野球戦 六回目に二対二で (1923年 東京朝日)
  • 堰を叩壞しに一萬人繰出す 群馬三警察狼狽し 縣下宛ら修羅場 (1924年 東京朝日)
  • 猛烈なる暴風雨 關東地方一帯を襲ふ 台風崩れの過ぐる所 家屋の倒潰浸水算なく (1925年 東京朝日)
  • 聯合軍第一次進駐の日程變る 四十八時間延期す 調印も九月二日に順延 颱風襲來のため變更 (1945年 朝日)
  • 氣紛れ天氣に氣象臺閉口頓首 當分サツパリした天氣はあるまいと匙を投ぐ (1922年 報知)
  • 昨日の豪雨で府下また浸水 南千住や巣鴨方面にて被害千餘戸に及ぶ (1925年 東京朝日)
  • 今夜半,北海道へ? 三重から福井に縦断 名古屋地方に被害 (1962年 朝日)
  • 大雷雨,南関東を襲う 都内 停電22万,浸水9千戸 121ミリ,記録的雨量 (1963年 朝日)
  • ポスター掲示場に台風被害 公示目前,あわてる選管 (2005年 朝日)
  • 暴風雨を只管防ぐ 昨日の青山 (1912年 読売)
  • それる筈の颱風が東京をかすめて 品川沿岸は一帯に大浸水 堤防も国道も破壊されて 警鐘物凄く亂打 暴風の前に海に漕出た處女二人の行方不明となり捜索中 眞勇美子は評判の美人で戯曲や小説を愛讀した (1922年 読売)
  • 馬券競馬の皮切 きのふ札幌で擧行したが馬が尠くて振はず (1923年 東京朝日)
  • 台風14号,熱低に 副低気圧も発生 今夜三陸沖へ抜ける (1964年 朝日)
  • “王台風”みるみる接近 新記録へあと5 苦手攻略 連夜の快音751号 (1977年 朝日)
  • 濁水に沒した瑞興監獄 囚人全部を解放す 百里餘の地帶泥海と化し 餓死を待つ三千人 朝鮮の大洪水 (1922年 東京日日)
  • 豆颱風,関東を荒す 帝都の壕舎三百吹飛ぶ (1945年 朝日)
  • 少年,ゴムボートを切る 片瀬 女のモモ切りも追究 (1954年 毎日)
  • 五台風に囲まれる 18号も発生 16号はあす影響 (1960年 毎日)
  • 藁科川水難騒ぎ 救助に反発「厳重対処」 静岡中央署 暴行容疑で2少年逮捕 (2000年 静岡新聞)
  • 汽車で亂暴し飛下りて慘死 十六歳の中學生 過度の勉強で發狂か (1922年 東京朝日)
  • この颱風氣味・心配ご無用 三年八月ぶり嬉しい天氣豫報復活 (1945年 読売)
  • 殺人,死体遺棄で送検 茶箱詰めの洋子 (1960年 朝日)
  • 台風14号 九州枕崎上陸 速度まし 西岸ぞいに北上 (1964年 毎日)
  • 台風,厳戒態勢に肩すかし 警官ら六万人動員 江東を中心に非常配置 ラジオ囲み素人予報 避難所の江東区民 (1965年 朝日)
  • 又も朝鮮大水害 二箇村殆ど全滅して警官數名が行方不明 (1922年 東京朝日)
  • 母親の洋子が犯行自供 茶箱づめ少女殺人 “手で絞め殺した” 愛人が通報,公園で逮捕 死体と三日間寝る 愛人に捨てられるのを心配し凶行 (1960年 朝日)
  • 帰宅の足,大混乱 中央線武蔵小金井駅 回送車,ホームへ傾く (1964年 朝日)
  • 台風14号は広島に上陸 台風12号が復活 (1990年 朝日)
  • 新たに114頭感染 馬インフルエンザ,金沢競馬で全頭検査 所属の2割超す (2007年 北国新聞)
  • 雨乞に死者の首 恐しい朝鮮人の迷信 (1922年 東京朝日)
  • 九州の大暴風 佐賀で民家倒壊堤防決潰 長崎縣一帶の大被害 佐世保軍港も大波濤 (1924年 東京朝日)
  • 台風 「余波」の威力も恐ろしい 現状では完全予測できぬ (1954年 朝日)
  • 14号 異常コースを進む 気象庁 予報もズレの連続 (1960年 朝日)
  • ありがとう 天からの雨 東京の雨量,本年最高 消える ダムのヒビ 小河内,水位ぐんぐん (1964年 毎日)
  • 高知宿毛の街頭 死屍累々 夜半濁水に没せる全町民の阿鼻叫喚 現世の終末を見る如く 判明せる死者七十餘名 (1920年 東京朝日)
  • 九月一日を白粉,酒なしデー ポスターで宣傳する (1924年 東京朝日)
  • 一日に八人が殺されている=警察庁で上半期の犯罪白書発表= めだつ凶悪犯の急増 アプレ型の成長 青年層に多い (1954年 朝日)
  • 東京サバクに干天の慈雨 水源地帯うるおす 炎暑記録29日でストップ 10ミリ以上の雨は42日ぶり (1964年 毎日)
  • 惜しむ夏 水辺に悲報 台風でうねり高く (1990年 朝日)

2009年8月20日付下野新聞より:

便器から手が抜けず電車停車 JR矢板駅

 19日午後8時40分ごろ、JR宇都宮線黒磯行き下り普通電車内で「車内のトイレの便器に携帯電話を落とした男性(57)が、取り出そうと手を入れたところ、抜けなくなった」と、JRから119番があった。電車は矢板駅で一時停車。男性は約15分後にレスキュー隊に救出された。

 塩谷地区消防本部によると、男性は和式トイレにかがんだまま、便器の奥まで手を入れていたという。便器を取り外すなどして救助した。乗客約150人は、後続の電車に乗り換えた。

ヲイヲイ,おっさんよ,んなもの拾い上げたってどうせ使いモノにならないだろうに。メ~ワクな話です,まったく。

気分を変えるつもりで(?),翌日8月21日付の同紙:

「流す」ものが「流された」 大雨で仮設トイレ流出 花火翌日、小山の思川

 小山市は20日、9日に開いた「おやまサマーフェスティバル」花火大会に伴い思川河川敷に設置した仮設トイレ56基すべてが、翌10日午前中に思川の急激な増水で流出したと市議会に報告した。19日までに36基を発見、うち10基を回収したが、20基ほどが見つかっていないという。

 トイレはレンタルで、10日午前中にくみ取り作業を行い、同日午後撤去する予定だった。しかし台風9号の接近で県北を中心に激しい雨に見舞われ、思川も朝から急激に水位が上昇。作業車が河川敷に入れず、56基すべてが流されてしまった。

 市は、思川を管理する県、利根川上流河川事務所、同下流河川事務所や関係漁協を訪れて報告。関係機関の協力も得て、これまでに36基と部品10個ほどを発見した。このうち21基は茨城県取手市以南の下流域で見つかったという。20日から専門業者による船からの回収作業を下流域で始めており、新たな発見にも期待している。

 市は「58回の歴史の中で初めて。今後必要に応じて夜中でも撤去できるような態勢を整えたい」と言う。環境への影響は「水量が多かったため、ほとんどないのではないか」としている。

 市によると、同様のトイレは新品で約40万円ほど。トイレや回収費用の弁償・補償はレンタル業者の試算を受けた上で協議する。

2日連続で臭そうなネタを扱うとは,この新聞はこういう話が好きなのでしょうか?!

  • また暑くなる この冷氣は颱風の爲 奄美大島にうろつく颱風 (1924年 東京朝日)
  • 西日本またも豪雨禍 浸水家屋10万余 死者九一,行方不明一五五 雨量は八六五ミリ (1849年 朝日)
  • また女子三人切らる 逗子海岸 (1953年 朝日)
  • 台風五号,高知へ上陸 阪神―中部通過か 今夕,風速衰え北関東へ? (1954年 朝日)
  • 「いや面目ない」黒星一週間 気象庁 小さな熱低甘くみた… (1977年 朝日)
  • 村民九百名 堰を破らんとす 狩野川治水工事未着手が原因で 水害を受けた靜岡の両郡 (1920年 東京朝日)
  • 颱風百五十時間 吹き續けて漸く歇む 沖縄地方でも稀有の例 (1924年 東京朝日)
  • 東北線に“第二の三鷹事件” 旅客列車が轉覆 三名死亡 集團的犯行か (1949年 朝日)
  • 五木村の豪雨禍甚大 住家など62戸流失 道路・電話線ズタズタ 山津波の恐れも 安否気づかわれる樅木 (1963年 熊日)
  • 暗夜,土佐市内へ濁流 台風通過後,ドカ雨被害 高知県 仁淀川決壊,七人不明 一万五千人に避難命令 (1975年 朝日)
  • 連日の豪雨に各地出水 中央線石和駅 浸水で列車不通 阿武隈川の出水 沿岸の浸水三百戸 濃尾の大洪水 被害一千万円 最もひどい瀬戸町 (1925年 東京朝日)
  • 台風,全九州に猛威 通信線各地で断たる 関門トンネル一時不通 雨量三五〇ミリ 台風,ようやく衰う (1949年 朝日)
  • 城北地方に再び集中豪雨 杖立温泉郷も浸水 県下で三千五百戸に (1963年 熊日)
  • 雨の中悲しみの合同葬 涙にくれる学友 まだ帰らぬ二人の遺影も飾って 青島 (1966年 宮崎日日新聞)
  • Uターンに台風追い打ち フェリー待ち徹夜 高松 欠航恐れる車の列 食糧買い込み持久戦の構え 高知市民 (1975年 朝日)
  • 東京へ雨を運ぶ ヤツプ島に現はれた颱風 うまく来て呉れゝば好い (1923年 東京朝日)
  • この晴れも束の間 又も雨か風かの襲來 動き出した問題の低氣壓と首つ引する氣象臺 レコードを破つた昨夜來の雨量 豪雨の爲に鐡道の被害 東海道線は大遅延し 中央線未開通 (1925年 東京朝日)
  • 南九州,三たび豪雨 ジュディス台風 氣遣われる早場米 (1949年 朝日)
  • 片瀬でまたモモ切り 花火見物の三女性襲わる (1953年 毎日)
  • また四人モモを切らる 片瀬東浜で (1954年 毎日)
  • 小野訓導の父病死 我子の溺死から病重る (1922年 東京朝日)
  • 北鮮大洪水 鴨緑江の増水二十二尺 死傷者多し (1923年 東京朝日)
  • 片瀬にまたモモ切り (1954年 毎日)
  • 東京への雨は望めず アベック台風 14号,鳥島を通る (1954年 毎日)
  • 9人,濁流にのまれる 青井岳キャンプ場で 青島中の先生,女生徒 五人死に四人不明 中州に孤立 救出できず (1966年 宮崎日日新聞)
  • 颱風で汽船沈没し四十五名行方不明となる 那覇を距る二十海里沖にて 漂流者僅かに一名のみ (1921年 東京朝日)
  • 颱風 本土を狙ふか 今夏最大 廿日前後十分ご注意 (1946年 読売)
  • 催涙弾で鎮圧 三名負傷 宇都宮競輪騒ぐ (1950年 朝日)
  • 泥水の中,八時間 守り続けた揚水ポンプ 台風禍の高知で水道課員八人 (1963年 朝日)
  • 郷里は水害,列車は満員 帰省客はふんだりけったり 着席券できても半分立ちんぼ 奥羽線の復旧難航 大鰐駅の鉄橋“宙づり” (1966年 読売)
  • 洲崎の大施餓鬼 二百有餘名の僧侶 慘死者家族の參拜 位牌が動き出す (1911年 東京朝日)
  • 水道愈減水 日毎に心細くなる (1913年 東京朝日)
  • 勇ましきリエジユ魂 婦女老幼悉く剱を拔いて 祖國の爲めに獨軍と鬪ふ (1914年 東京朝日)
  • 狂暴巡査拔剣して斬る 小兒の裸を咎めてその父親をも殴り 仲裁に憤慨して大暴れ (1924年 東京朝日)
  • ゲリラ豪雨のホコ先どこへ 37度線中心に出没 短期決戦,なお抵抗か (1969年 朝日)
  • 両国の川開(又々延期せんとす) (1902年 読売)
  • 物騷な鮮人東京に入込む 警視廳に取押方打電 (1925年 東京朝日)
  • “ゲリラ豪雨”北アを襲う 濁流どっと山ろくへ 長野側 旅館や工場も流失 入善町で千戸浸水 富山側 機動隊員も立往生 (1969年 朝日)
  • 台風12号,沖縄に接近 欠航相次ぐ (1996年 朝日)
  • 酷暑 熊本市は真夏日連続45日 農業被害や渇水懸念も (2004年 熊日)
  • 岩手県の大洪水 流失家屋と溺死多数 台温泉全滅し生死不明の湯治客五百名 (1920年 東京朝日)
  • 忠犬エスの死 火事を主人に知らして大火傷 (1930年 読売)
  • 海の恐怖 女のモモ切り 犯人,都内の変質者 少年に火付けと同一人か (1953年 毎日)
  • 雷ゴロゴロ…広島県東城川で魚大量死 (2000年 中国新聞)
  • 遭難信号279回,異常なし 「犯人」はコードレス電話 (2006年 朝日)
  • 稀有の水害 交通杜絶通信不通 堤防決潰家屋流失 山崩の爲死者あり 行方不明甚だ多し (1910年 東京朝日)
  • またも娘三人切らる 片瀬で遊泳中 犯人は丸顔の小男? (1953年 朝日)
  • 吉永小百合さん宅襲われる 二階に短銃持った族 警官,撃たれ重傷 機動隊出動 包囲して逮捕 (1963年 朝日)
  • ゲリラ豪雨 犯人“猛烈寒気団” カムチャッカ上空 (1969年 読売)
  • 豪雨で科学万博フランス館水びたし (1985年 朝日)
  • 今年の土用は順調だつた 今日土用が明ける (1915年 東京朝日)
  • 汕頭大風害 死者一萬人と稱す (1922年 東京朝日)
  • 鎌倉由比ヶ浜の海中に ヘリコプター墜落 保安庁演習? 海水浴客十三名死傷 (1953年 朝日)
  • 九州東部に上陸 台風9号 大雨で各地に被害 (1963年 毎日)
  • 宮崎駿監督,増水犠牲の園児に「ポニョ」贈る (2008年 朝日)
  • 山が崩壊して十六名惨死す 足柄上郡大又沢山中の人家四十戸埋没す 在郷軍人青年團等急行 (1920年 東京朝日)
  • けふは九十六度 この暑さと戰ふ苦しみ 堪らない工場労働 (1922年 東京朝日)
  • 名古屋一万戸水浸し 東海地方に“集中豪雨” 愛知,岐阜豪雨 (1957年 朝日)
  • 雷,大荒れ立秋 県内JR4日連続乱れ (2000年 信濃毎日新聞)
  • 白ずくめ集団の男性メンバー死亡,熱中症か 福井 (2003年 朝日)
  • 少女五名溺死の惨事 日曜休みの舟遊びが原因 一少年と一少女の命拾ひ (1916年 東京朝日)
  • 山梨縣の大水害 死者十一名を出す 一高學生も溺死す 流失家屋多く光景慘憺 (1920年 東京朝日)
  • 昨夜の地震と暴風雨の各地 湘南では壁に亀裂 東京は弱震の強 震源三浦沖 (1924年 東京朝日)
  • 列車濁流に顛落 死傷・行方不明十五名 (1939年 読売)
  • かげをひそめた海のモモ切り魔 ことしはまだ一件 猛警戒に恐れをなしたか 車内でスカート切る 失恋した女に似ていると (1955年 神奈川新聞)
  • 颱風の宙返り 五日でモウ二度やった 凶作がまはりあはせて 今年は豊作だ (1924年 東京朝日)
  • 今曉東京を襲ったもの凄い大雷雨 曉の夢を破られた二百萬市民 落雷出水の被害頻々 京濱も山手も電車は運轉不能 變電所へ落雷のため (1925年 東京朝日)
  • 新豆颱風銚子を通過 帝都は風速十五米 本陣も愈よ急襲態勢 颱風の場合,參拜延期 あすの社頭對面 緊急の決定 (1939年 読売)
  • “八百長だ”と審判席に投石 大森競艇で (1954年 朝日)
  • 猛暑ただごとならず マクラ木炎上 タイヤ爆発 ニワトリ七万羽が昇天 暑さだけなら曲がらぬレール 外力重なって異状? 名鉄脱線 (1977年 朝日)
  • 淺草の旋風餘聞 (1892年 時事新報)
  • 阪本龍馬を刺した剣客 臨終に秘密告白 (1915年 東京朝日)
  • 二邦人の箱詰死体 首は江中に,胴は汽船中に 犯人は支那人ならん (1916年 東京朝日)
  • 牛も舌出す-“モ~暑” 熊本市14日連続の35度超 (2001年 熊本日日新聞)
  • 花火職人ら34人中州に取り残される 東京・多摩川 (2003年 asahi.com)
  • 誂向の天候 今度の颱風は却て良かつた=岡田博士談 (1917年 東京朝日)
  • 暑熱ますます猛烈に 日毎に殖える水死人 七月だけで市内に三十五人 大抵無謀な泳ぎから (1924年 東京朝日)
  • 全教員が進退伺い 処理は市教委が暫く保留 (1955年 伊勢新聞)
  • 各地で真夏日,水の事故も相次ぎ14人死亡2人不明 (2003年 読売)
  • アキバに通い詰めた耳かきストーカー…ついに凶行 (2009年 スポニチ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。