FC2ブログ
お天気,暦,競馬などに関するメモです。以前発行していたメルマガ「能天気Express」のブログ版みたいなものです。

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

お知らせ
2008年6月2日以前の記事は他のブログからインポートしたため,画像へのリンクが切れています。画像の元データはどこかにあるはずですが,どれがどの画像だったのかわからなくなっているし,新たにサイズなどを変換するのが面倒なため,問い合わせをいただいても画像を復活させることはしません。まあ,大して貴重な画像があるわけではないですから(笑)

日本ダービーは創設された当初から雨と無縁ではありませんでした。

1932年4月23日に目黒競馬場で行なわれた第1回の日本ダービー(当時の正式名は東京優駿大競走)は, 天候-雨,馬場状態-不良でレースがスタートしました。第2回は曇/稍不良,第3回は晴/不良,第4回は雨/不良,第5回は曇/ 稍不良と続き,第6回になってやっと良馬場で行なわれました。

ただ,それもいまは昔の遠い話。最近は雨に見舞われることは比較的少なく, 雨のダービーは過去10回ありますが(小雨含む),最近のものでも 1972年まで遡ります。雨/不良となると, なんと1959年まで遡ることになります。小雨/不良でも1965年以来ありません。天候が雨以外で馬場状態-不良で行なわれたダービーも, 1969年まで遡ります。

その1969年は,ビデオで見ても田植えができそうな泥んこ馬場です。降水量は前日が1.5mm, 当日は33.0mmとなっています(ただし,当時はアメダスがまだないので大手町のもの)。

そんな泥んこ馬場にもかかわらず,スタートして2F目のハロンタイムが10.5秒ですから, かなり激しい位置取り争いがあったことが想像できます。それに巻き込まれる形で, 1番人気のタカツバキが落馬するというアクシデントがありました。この落馬については, タカツバキのような抽選馬がダービーを勝ってしまっては馬産システムが崩壊するから落馬するであろう, と予言していた人がいたという有名な謀略説があります。それと勝ったダイシンボルガードの厩務員が, レースの最中にもかかわらず思わず馬場に飛び出して「オレの馬だ!!」とか叫んだという逸話も有名です。 この厩務員さんはきっと泥だらけになったことでしょう。

1969年よりももっと悪い馬場だったと思われるのは1965年です。ダービー前1週間の降水量を見ると, 次の表のようになっています(ただし大手町のデータ,ダービーは05/30)。

+----------+----------+---------------+
| 年月日 |降水量合計|最大1時間降水量|
|     |    mm|       mm|
+----------+----------+---------------+
|1965/05/24|   13.5|      2.5|
|1965/05/25|     -|       -|
|1965/05/26|   22.5|      5.0|
|1965/05/27|   118.0|      32.0|
|1965/05/28|    0.5|      0.5|
|1965/05/29|   12.0|      1.5|
|1965/05/30|   44.5|      11.5|
+----------+----------+---------------+

ビデオで見るとそうとう悪く見えますが, 質のよくないモノクロフィルムのせいで実際よりも悪く見えているかもしれません。

先頭を走るキーストンの1頭だけ白いままの帽子が印象的です。前半1000m通過64.0秒の“タメ逃げ” でしたが,最後の 1F に14.3秒かかっています。ダイコーターが詰め寄ったというよりは,終いバタバタになってしまったのでしょう。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://notenkiexpress.blog95.fc2.com/tb.php/207-70f67570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック