FC2ブログ
お天気,暦,競馬などに関するメモです。以前発行していたメルマガ「能天気Express」のブログ版みたいなものです。

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

お知らせ
2008年6月2日以前の記事は他のブログからインポートしたため,画像へのリンクが切れています。画像の元データはどこかにあるはずですが,どれがどの画像だったのかわからなくなっているし,新たにサイズなどを変換するのが面倒なため,問い合わせをいただいても画像を復活させることはしません。まあ,大して貴重な画像があるわけではないですから(笑)
平成20年 台風第17号に関する情報
平成20年9月30日10時30分 気象庁予報部発表

(見出し)
 台風第17号が発生しました。

(本文)
 30日9時、フィリピンの東の
北緯11度00分、東経127度05分において、
熱帯低気圧が台風第17号になりました。
台風は1時間におよそ35キロの速さで北西へ進んでいます。
中心の気圧は1000ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は18メートル、
最大瞬間風速は25メートルで
中心から半径170キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が吹いています。

 台風の中心は、24時間後の1日9時には
フィリピンの
北緯13度25分、東経124度05分を中心とする
半径130キロの円内に達する見込みです。
中心の気圧は994ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は20メートル、
最大瞬間風速は30メートルが予想されます。
 48時間後の2日9時には
ルソン島の
北緯15度30分、東経121度00分を中心とする
半径200キロの円内に達する見込みです。
中心の気圧は990ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は23メートル、
最大瞬間風速は35メートルが予想されます。
 72時間後の3日9時には
南シナ海の
北緯18度10分、東経118度20分を中心とする
半径300キロの円内に達する見込みです。
中心の気圧は980ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は30メートル、
最大瞬間風速は40メートルが予想されます。
予報円の中心から半径370キロ以内では
風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがあります。
 なお、台風の中心が予報円に入る確率は70%です。

この方面の船舶は十分警戒してください。
なお、台風に関する位置等の情報は、海上警報等により発表します。

というわけで,台風17号が発生して台風が3つになりました。

とはいっても,台風が3つというのはとくに珍しくはありません。去年のことはおぼえていませんが,2004~2006年には起こっています。

4つになるとさすがに少なくなり,1951年以降では4回しかないと思います。

5つあらわれたのは1960年8月の五輪台風の1回だけです。

このときの参加メンバーは14号から18号まででした。有名なお天気キャスターM氏の本に7号,14号,15号,16号,18号と書いてあったりするのですが,もちろん間違いです。番号の不自然さに気づかないのでしょうかねえ……。

ついでに,五輪台風の説明に1960年8月23日09時の天気図を使った放送局があったようですが,最後のメンバー18号が台風に昇格したのは23日の15時なので,09時の時点では五輪台風は勢ぞろいしていません。

五輪台風については能天気Express~新世界版~ 四面台風もご覧下さい。

なお,1950年8月に“熱帯性低気圧”が同時に6つあらわれたことがあります。しかし,今の基準でそのうちいくつが台風なのかはわかりません。

にほんブログ村 環境ブログ 天気・気象学へ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://notenkiexpress.blog95.fc2.com/tb.php/635-7d1fd3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック