FC2ブログ
お天気,暦,競馬などに関するメモです。以前発行していたメルマガ「能天気Express」のブログ版みたいなものです。

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

お知らせ
2008年6月2日以前の記事は他のブログからインポートしたため,画像へのリンクが切れています。画像の元データはどこかにあるはずですが,どれがどの画像だったのかわからなくなっているし,新たにサイズなどを変換するのが面倒なため,問い合わせをいただいても画像を復活させることはしません。まあ,大して貴重な画像があるわけではないですから(笑)

一昨年の今夜(要するに2005年9月4日の夜),東京,埼玉,神奈川でところによっては100mm/hを超える猛烈な雨が降りました。実測値では,杉並区下井草(杉並区観測)で4日21時50分までの1時間に112mm,三鷹市長久保(東京都観測)で4日22時20分までの1時間に105mmなどが観測されています。

σ(^^;)は90mm/hの雨なら実地体験がありますし,実験装置では200mm/hまで経験がありますが,実験装置の200mm/hより実際の90mm/hのほうが迫力がありました。

よく“滝のような雨”とか“バケツをひっくり返したような雨”というたとえがありますが,わけのわからないたとえです。滝によって水の落ちかたは違うでしょうし,1時間もバケツをひっくり返し続けたら計算上1000mm/hをはるかに超えてしまい(こんな雨はもちろん観測されたことはありません。もちろんひっくり返しかたやバケツの大きさにもよります),ノアの大洪水を超えるチョ~大洪水になるのではないでしょうか(笑)

東京の従来の都市インフラ(どこでも似たようなものかも知れませんが)はだいたい50mm/hが限界です。これを超える雨が降り続くと,まず側溝が溢れます。そしてふだんはチョロチョロとしか流れていないような善福寺川や妙正寺川のような小規模な河川が,信じられないくらいの速さで増水します。地表が舗装されていることもあって保水能力がなく,降った雨がそのまま流れ込むからです。これらの川から溢水するのも時間の問題です。

ところでこの日,東京ドームでB'z LIVE-GYM2005 "CIRCLE OF ROCK"がありました。この方面から来た観客は無事に帰宅できたのでしょうか……。

B'zのライブといえば,2003年9月21-22日には台風15号が接近する中,浜松でB'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!"が行なわれていたり,渋谷の地下街が浸水した1999年8月29日には横浜国際競技場で大雨の中,ライブが行なわれていたり……。

また,2000年8月9日には,千葉マリンスタジアムでのライブが雷雨のため2曲だか5曲だかを残して打ち切りになりました。このときメンバーのひとりが「埋め合わせは必ずするから……」といったらしいですが,埋め合わせなるものが実際に行なわれたかどうかは寡聞にして知りません。

そういえば,直接関係ないですが,毎年のように騒音問題を起こしていたエイベックスのa-nation,最近はどうなんでしょうかねえ……。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://notenkiexpress.blog95.fc2.com/tb.php/71-eb809294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック